読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lifehack of key_amb

hackin' everyday of my life

目標を立てるということと、見えないものと戦う第三の武器

私たちは、目に見えないものを恐れる性質を持っていると言えるだろう。

 

お化けや心霊現象。  
未知のもの。何かが変化することによって生じるリスク。  
「闇」や「裏」といった枕言葉が付くもの。  
視覚化しづらい周囲の目とか、風評とか。

 

これらに立ち向かう手持ちの武器として、すぐに思いつくのは、主に2つ。  
1に可視化、2に鈍感力だ。

 

今日は3つ目になるかもしれないことを、ぼんやり考えている。  

 

それは、未知の部分をコントロールして、なるべく意に沿う方向に向かうように仕向けるということ。  

これは、何かの目標を設定して、それに向かって行動を計画するときに、普通に行われることかもしれない。  
あるいは能動的に行うことで、武器とできるのではないかと思うのだ。

 

それは暗示をかけるようなことだ。  
自己暗示で事足りるケースもあるかもしれない。  
が、「自分はこれこれこういう風になる」とパブリックに宣言することで、周囲を巻き込んで暗示をかける効果がちょびっと得られそう。
新年の抱負的なやつとか。

 

これはポジティブ・フィードバック効果と言えるだろうと考えている。  

昨年の自分を振り返るに、これの効果を実感する事象はそれなりにあったなと思う。  
今年も、これの力を借りようと思っている。

 

なりたい自分や、成したいことをイメージして、それらにポジティブなフィードバックが得られるような意志表明をする。  
別の言葉で言えば、「言葉の力」を借りる、とも言えるか。

 

自分の場合、ソーシャルメディアでの発信の一部は、そういう意味も持っている、と言えそうです。

 

ちゃんと目標を立てるって、こういう意味でもきっと大事なんだろうな。