読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lifehack of key_amb

hackin' everyday of my life

「当事者でないなら、傍観者に徹した方がいい」

日々、色んなニュースに接する。

中には多くの人々の関心を引くような、センセーショナルなニュースもある。
そんなニュースに触れて、感情を揺さぶられ、あるいは、それをきっかけに自分の考えを整理するのは、決して愚かではない。
が、そのニュースをきっかけに何か行動を起こすとしたら、少し立ち止まって考えてみたほうがいいのではないか。

  • あなたがそのように行動する理由は何だろうか?
  • あなたがそのように判断した根拠となるニュースに、客観的に事実といえる情報は何パーセント含まれているだろうか?

情報はそれを伝える者の利害や意図によって歪められていたり、部分的であったり、一面的であったりすることがある。
私たちが知り得る情報もまた、ごくごく限られたものであることがほとんどである。

その状況で何か行動を起こすことや、「こう」と決めつけることは危うい。

  • そもそも、あなたはその事象の当事者だろうか? あるいは、当事者になることを望んでいるのだろうか?

多くの場合、ノーだと思う。

私たちはたぶん当事者ではなくて、私たちがその事象に対してやるべきといえることはない、ということがほとんどではないか。

そうであるなら、むしろ傍観者に徹した方がいい。
中途半端に関わっても、あまりいいことはないだろう。

私たち自身が当事者である場合は、もちろんこの限りではない。

あるいは、もっと当事者意識を高めるべきケースもあるかもしれないが、それはまた別の話である。